ローヤルゼリーイメージ

こんな病気にも効くんですね、ローヤルゼリー

30年くらい前になりますが母が病名もわからず寝たきりになってしまいました。
症状は動悸、めまい、胸が苦しい、倦怠感などです。
ひどい時は出先で倒れてしまったり。
幾つかの病院で診察をしてもらいましたが原因はわからず、とりあえず薬を処方されました。
しかし、この薬もあまり合わなかったのか、そのうちに寝たきりになってしまいました。
そんなときに、ローヤルゼリーの広告を目にしました。
女王蜂とハタラキ蜂の寿命の違いが書いてあったと思います。
その女王蜂のパワーの源であるとのこと。
そして何よりも自然のものなので、今より悪くなることはないだろう、とにかく何か身体に良いものを、と飲み始めました。
すると、体力がついてきたのでしょうか、徐々に起きられるようになり、新たに病院も探し通うことができました。
そのとき判明した病名はうつ病。
まだ、あまりうつ病というものが世間では知られていない病気だったので、病院選びもわからず、きちんとした診断もされず、そしてどんどん病状が悪くなっていってしまったのですね。
あの時、広告を見なければ、新しく病院を探す気力もなく、治療には更に時間がかかったことでしょう。
あとから調べてわかったことですが、ローヤルゼリーには不安解消や強迫性障害の軽減など精神的不安を和らげる効果もあるそうです。
それから30年、母はローヤルゼリーを飲み続けています。
もう、80歳になりますが、うつ病は完治。
肌ツヤもよく、元気に大好きなウインドウショッピングなどを楽しんでおります。
そして、娘の私はといえば、去年の健康診断で大腸ガンが見つかってしまいました。
検査をすすめていくと、他臓器に転移。
今まで病院などにかかったことのない健康優良児でしたので、ローヤルゼリーを飲んではいませんでした。
ああ。
こんなに身近にあったのに、生活習慣病の予防にもなるのに、何故、飲まなかったのだろう。
などと後悔もしました。
しかし最近の研究結果を見て驚きました。
予防だけではなく、がん細胞の進行を止める効果もあるらしいのです。
がん細胞の分裂を防いで兵糧攻めにするとか。
また、ローヤルゼリーで骨粗鬆症予防にも効果的なのは嬉しいですね。
もう、藁をも掴む思いで、すぐに飲みはじめました。
3ヶ月ほどたちましたが、検査のたびに進行していたがんが、ついこの間は現状維持となりました。
あと、半年も飲み続ければきっと、だんだんと小さくなっていくことでしょう。
おかげでとても希望が持てるようになりました。
病は気からということもありますが、自分ががんだということを忘れてしまうほどです。
こうして、親子それぞれではありますが、ローヤルゼリーの恩恵をさずかって明るく暮らしております。
そんなローヤルゼリーに副作用はありませんが、アレルギー体質の方は注意が必要だそうです。

Copyright(C) 2010 ろいやるぜりー.com All Rights Reserved.